2012年02月16日

子育てに手厚い国•パート2

前回は日本の子育て支援にかかわる税制などをお伝えしましたが、今回はオーストラリアについてです。

オーストラリアでは子育て支援として
ベビーボーナスかペアレントリーブペイ(Parent Leave Pay)のいずれかが支払われます。

ベビーボーナスは、出生から26週間(6ヶ月)にわたっての支援です。
初回支給額 $879.77 (日本円で約73,000円)
2回目以降 $379.77×12回(2週間ごと)
(日本円で約33,000円)

つまり、月額換算すると

一人当たり約66,000円

支給されるわけです。

共働きの場合は、ベビーボーナスかParent Leave Payのどちらかを選択できます。(受給資格を満たした場合)

Parent Leave Payはオーストラリアの最低賃金である税引き前賃金相当の$589.40(日本円で約49,000円)を18週間受け取ることができます。

さらに!
家族手当A、Bというものが存在します。

家族手当Aは、16歳未満のこどもがいて、所得が$46,355以下ならば必然的に支給されます。
(もしくは16歳〜20歳でも高校3年生と同等の資格の者、21歳でも学生の身分である者の場合も支払われます。)

家族手当A(こどもひとりにつき)
1ヶ月 年間
13歳未満 $357.7(約30,000円) $4292.40(約35万円)
13-15歳 $465(約38,600円) $5580.85(約46万円)
16-19歳 $465(約38,600円) $5580.85(約46万円)
(学生)

なお、16歳ですでに学生でなくなった場合でも家族手当Aとして毎月1万円前後が支払われます。

それだけでなく、家族手当Aには住宅補助もあるのです!びっくりですよね!

そして、家族手当Bはシングルマザーやシングルファザー、もしくは共働きではない家庭に追加支給されるのです!!

家族手当B(世帯あたり)
一番下のこどもの年齢が
1ヶ月 年間
5歳未満 $304.16(約2万5000円) $3650(約30万円)
5-15歳 $212.00(約1万7500円) $2544.05(約21万円)
(もしくは18歳以下で学生の場合も含む)

ちょっと数字が多くてややこしいですね。
このような理由からだと思うのですが、ケアンズにはこどもが3人、4人は当たり前の状況でした。
ということで、簡単な例をあげます。

親2人(専業主婦)でこども3人の5人家族の場合
(こどもの年齢は5歳、3歳、0歳5ヶ月としましょう)
一ヶ月に支給される金額は、

■ベビーボーナスが6万6,000円
■家族手当Aが、9万円
■家族手当Bが、2万5,000円

合計金額がなんと
18万1,000円

すごいですね〜

ちょっとここでまた日本のことを考えてみたいと思います。日本の社会保障給付費がいくらかご存じですか?

平成21年度は、99兆8,507億円でした。
ざっくり100兆円と思ってください。

そのうち、
医療費は約31兆円
年金は約52兆円
福祉その他は約17兆円
です。

「ふ〜ん、そうなんだ〜」

という感じでしょうか?
どういうことかというと、
高齢者に支払われている金額は、
約69兆円にものぼるんですよ。

でも、こども手当の財源はたったの
5兆円だったのをご存じですか?
しかもそれすら削られてしまっているんです。

つまり、こどもに優しくない国 日本ということは言えるのではないでしょうか?

将来をになっていくこどもにだって高齢者の方と同じくらい優しくったっていいのではないか?これがわたしの考えです。


いつも読んでくださってありがとうございます。よろしければ、こちらを押して応援してください。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

参考サイト
オーストラリア政府Family Assistance Office
http://www.familyassist.gov.au/payments/

http://www.centrelink.gov.au/internet/internet.nsf/filestores/fpr006a_1201/$file/fpr006a_1201en.pdf

厚生労働省社会保障給付費
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/124-1a.html
posted by まお at 14:38| Comment(2) | 滞在編 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
住宅補助はちなみに最大$70/週もらえます。
その家庭の所得にもよるし、お家の賃貸価格によるけど。でも、持ち家だとでませんが。
Posted by さき at 2012年02月16日 21:04
週70ドルといったら、毎月280ドル(23,400円)ですか!
それは、オーストラリア全土で同じ金額なのですか?
クイーンズランド州だけのことなのでしょうか。
Posted by まお at 2012年02月16日 22:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。